Freedom Ensemble サイトTOP > ブログ > ‘★フリーダムな1曲’ カテゴリーのアーカイブ

Coba-U/童謡レゲエ1、2



久々の音楽紹介です。
子供いる家では、一家に一枚の代物。
このアルバムは、我が家でも大活躍中です。


今日、テレビ神奈川の伝説のお昼の番組「ハマランチョ」にて、
Coba-Uさんが出てまして上のYOUTUBEの曲を生で歌っておりました。

振り付けも完全にそのままで、
日当たりの良い明るいスタジオでおどってました。

ぶれない感じがすごいなぁと思いました。


アルバム自体はHAKASE-SUNプロデュースで、
イッチーさんがトロンボーンやってたりと良い感じです。
全体的にイントロがしびれます。


いつかNHK教育の「みんなのうた」で会えるのを楽しみにしています。

http://www.bahamasrecords.com/artists/cobau/disc003.html
http://www.bahamasrecords.com/artists/cobau/disc005.html

あと、今週末12・19日曜日、フリーダムアンサンブル、吉祥寺曼荼羅にてライブです。
夕方からのイベントなので皆さん遊びきてくださーい。

Artibella

ご存知ケン・ブースの名曲の大胆アレンジ。
Jump With Joeyかっこいいですね。
巧いだけじゃなく、スカ好きのツボを心得てる感じです。

このビデオ、ローランド・アルフォンソの表情が良い感じです。
最初のテナーのソロの時とか、
孫の演奏を聴いて思わず顔をほころばせてしまうお爺ちゃんのようで
とても気持ちよく音楽にのってます。
Roland Alphonso with Jump With Joeyの演奏は
他にも色々あるんで見てみてください。

SKATALITES / JAPAN SPECIAL





SKATALITES来日しますね。
そんなわけで、SKATALITES / JAPAN SPECIAL を紹介します。


スカタライツはこんな曲をやってくれてます。
その名も ジャパンスペシャル。


カバーなのか、オリジナルなのかは、良く分かりません。
メロディーはキラーではないですが、演奏は確実にキラーです。
とりあえず、”SKAVILL”にはなかったけど。


ロイドニブスのドラムがかっこよすぎです。
しびれますねー。


こんなかっこよい曲のタイトルに JAPAN を入れてくれてありがたい限りです。
(もしかして、ほんとは全然違うタイトルだったりして・・・。)

ただ、この曲がなんでJAPAN SPECIALってタイトルなんですかね。
どっか賑やかなトコ行ったんすかね。


この曲は、確か「クラブスカ」っていうアルバムには入ってます。(日本盤)
あと、Lloyd BrevetteのAfrican Rootsというアルバムに
なぜかボーナストラックにて入ってますね。

7インチではまだ見たことないなぁ・・。

聴いてみてください。

Sharon Forrester / Here Comes The Sun



わたくし、ラバーズロックも好きなんです。
ので、今日はラバーズを一曲。


ビートルズのカバーは数あれど、
これほどオシャレにカバーした楽曲がありましょうか。


この曲を普通に、12インチとかで買おうとすると、
結構レアで、なかなか見つけられません。


僕は、この曲「1曲」が欲しいが為に、
ビートルズカバーのアルバム(TROJAN)「3枚組み全44曲入り」を買いました。

ビートルズだからやっぱりメロがいいです。
しかも、シャロンさんは完全に自分の曲にしてるって感じです。


残念なのは、Trojanのボックスセットによくある事ですが、音圧が物寂しいんです。
やっぱ、12か、7インチで探そうかなぁ。。。

しかし、シャロンの歌声はほんと良いっすなぁ。

Roland Alphonso & Joshua Rosen / Live Desire




スカの中じゃあ、そうとうお気に入りの一曲です。


Ska Down Jamaica Wayっていう新しめのアルバムの Vol5に既に入ってる曲ですが、
ちょっと前にTOP DECKからの再発で(カラービニール)出てました。





TOPDECK再盤アルバムで曲タイトルを見ると、
Trombone Versionってあるんだけど、
この上のYOU TUBEの曲はSax Versionと思われます。


ソロをやってるのが、
Sax(Roland Alphonsoか、
Trombone(Joshua Rosen)か、
って感じです。 最近知りました。


ソロもかっこいいですが、、なんて言ってもギターがかっこいいです。
TOP DECKだから、Jerry Hinesがギターになるんですかね?
良く分かりませんが、多分そうでしょう。そして、この人かっこいい。



フリーダムでもセッションしてみますか?

SKATALITES / RED IS DANGER



SKATALITESの名曲、RED IS DANGER。

これぞキラースカチューン。

数年前はどこにも無くて、かなりのレア盤だったと聞いております。
今でもオリジナル盤はなかなかのお値段のようです。

再発ではTop Deckの贅沢7インチのBoxセットや、
SKA-TA-SHOTっていうアルバムにも入ってます。


ちなみにTAKE1?4まであるという、良く分からない代物です。(もっとあるかも!?)
たしかに、聞く曲ごとに微妙に違う音です。




そして、フリーダムアンサンブルにとっても、思い出深い曲です。

何を隠そう、初めてバンドで練習した曲がこれです。(確か?!)

いかんせん、わたくしを含め殆どのメンバーが楽器初心者だったもので。。
コードがシンプルで簡単だったからいいねコレ、みたいな。。

今思えば、こんな雰囲気のある曲をやるのハードル高かったかなと。
個人的にもロイドニブスがどんなドラムの叩き方すればこんな音でるんだと、
皆目検討もつかなかったものです。(今でも良くわかんないし)


ちなみに、バンドで初めてレコーディング体験をしたのもこの曲でした。
なつかしーすなー。


Soul Syndicate / Word, Sound&Power Documentary

こんにちは。ブログ更新頻度No1のドラムの者です。

ついに始まります。フリーダムメンバーによるお勧め音楽紹介コーナー!


記念すべき一曲目はスカタライツ!と言いたいところですが、
今日はレゲエな気分なのでこの一枚(DVD)。
Soul Syndicate の「Word, Sound & Power Documentary」というDVD。



 
81年制作の作品で、ソウルシンジケートの演奏に加え、
当時のジャマイカの風景、人がかなりカッコイイ映像ワークで収まっています。


基本は、主要メンバーへのインタビューを絡めたドキュメンタリーで
ソウルシンジケートというバンドに迫る、的な内容です。
けど、インタビューの時に、アコギ一本で演奏始めちゃったりとか隙がありません。


残念なのは、当然かも知れないけど日本語訳がありません。

英語の字幕は出てるから、それでなんとか頑張って訳しながら理解するしかありません。
レゲエが聴けて見れて、更に英語の勉強にもなります。


ちなみに、ドラマーの人に朗報です。
内容には、サンタ(Dr)の超スロードラミング映像なんかも入ってて非常に参考になります。
いや、正確にいうと良く分かりません。

ってか、ドラム(機材)がかっこいいです。
何気にオーダーメイドだとかいう噂も小耳に挟みました。


↑と↓の映像はDVDに収められてるものです。どちらもいい曲ですね。。
今度フリーダムでもセッションしたいところです。?





<AMAZONで購入はこちら>
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000Y2WAWA?ie=UTF8&tag=reggaegreats-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B000Y2WAWA