Freedom Ensemble サイトTOP > ブログ > ‘裏打ち日記’ カテゴリーのアーカイブ

【ライブ告知】5/13(日)『Wicked Vibes! vol.14』

ドラムのすーさんからも告知ありましたが、
今週末5/13(日)もライブ出させてもらいます。

今回は吉祥寺曼荼羅!フリーダムは割と早い時間の出演となりそうです。
デイタイムですのでお時間があればぜひどうぞ!

曼荼羅の馬鹿でっかいジョッキビールとカレーが楽しみです。
7インチも今日本に輸送中らしいので持って行けるかも!?




5/13(日)『Wicked Vibes! vol.14』 -“XS Energy Drink” Dance♪-

@吉祥寺?曼荼羅

Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥2,000(+1Drink) / Door ¥2,300(+/1Drink)

●LIVE:
CUBELICS
Freedom Ensemble
Jam Industry
THE FATNESS
DUB’N’RUSH

●DJ:
イトゥー
(ガレージマンデー)
真里亜
(本牧BLUE BEAT / ダメダメナイト)
西岡 マサル
(The Brass Circus / ダメダメナイト)




さて、前回のライブの後、3曲目に演奏していたあのカバーは何でしたっけ?

という質問がありましたので紹介します。

「DESAFINADO」というボサノバ曲のカバーで、
ボサノバを作ったといわれるアントニオ・カルロス・ジョビン作曲です。
フリーダムのライブでは数年前からずっと演奏している定番曲になってます。



「DESAFINADO」とは日本語で「音痴、調子外れ」みたいな意味だそうですが
かなりの美メロチューン。フリーダムのレパートリーではコードが一番難しい。

ちなみにこの曲はPrince Buster all starsのカバーもあって、
こちらはゆっくりテンポのスカでまたよい感じです。

7inchも引き続き受付中です!
ダブストア・レコード・マートさん、JET SETさんでも予約可能です。
宜しくどうぞー。

RED LANTERNレーベルができるまで-制作秘話

こんにちわ。ギターの者です。
桜ももう散り始めちゃいましたね。今年はお花見しましたか?

さてさて先日お伝えしたとおり、ついに7インチの予約を開始しました。

今回7インチを出すにあたってJASのやないさんからプレス業者の紹介や流通まで手伝ってくれるという優しい声を掛けてもらったりもしたのですが、
プレスとかお金の話もあるし結局自分らでレーベル立ち上げてやってみよう
という事になりました。(やないさんすみません)

んで、レコーディングもそうだけど自分には「レコードレーベル」を作る作業が
面白かったので今日はそのあたり事を振り返ってみたいと思います。

▲レコーディング中の風景

「レーベルを立ち上げる」

まず最初にすることはなんだろう?(レーベルとは→wikipedia

「まずは名前決めなきゃじゃね?」
「かっこいいのな。」

ってことで昨年12月、レコーディング・ミキシングが進行する中
空いた時間で候補をいくつか出すことに。

「自分らのバンドが立ち上げるレーベルなんだから
俺ららしいレーベル名がいいなあ。」

では「俺ららしい」とは?

俺ららしい。
俺ららしい。。。
俺ららしい。。。。。

とは何だ?

「うーん、みんな呑んべえだよね。」
「ビールが好き。麦っぽいかんじがいい。」
「日本人ならやっぱ日本とわかる言葉だろ。でも英語な。」
「そいえば去年大阪遠征ライブの翌日に皆で行った万博公園楽しかったなー。」

その後、みんなで呑みにいって考えたけどまとまらず。
英単語知識も乏しい我々には「これ」というキーワードが出てこない。

となるとこういう時のアイデアマン、アルトサックス担当ごっつぁん頼み。
後日時間のある時にいくつか出してもらった。
  • Freedom Toybox(おもちゃ箱)
  • Libertie’s(FREEDOMとランディズをかけて)
  • Hangover Record(二日酔)
  • Red lantern(赤提灯)
  • Expo Record(万博公園から)
おお、なんかどれも素敵じゃまいか。
しかも「俺ららしい」感じもする。ごっつぁんさすが。

「どれも捨てがたいなー。」
「ケイタ、これでいくつかロゴデザインのたたき台を考えてみてくんない?」
「承知致しました」

「ロゴデザインをつくろう」

年明けのフリーダムの新年会にいくつかラフデザインを書いてもってくことになった。
しかし、そんなもんつくったことないしな。どうしよう。

色々話しあった結果、
「和」っぽい小粋なイメージがいい、というざっくりな方向性も決まった。

スカ・ディスク・ガイド」、レコードジャケ本やらを眺めて、
候補に挙がった名前とにらめっこしながらイマジネーションを広げる。
シンプルなRandysみたいな感じもいいしイラストをちりばめてTreasure Isleみたいのもいいなあ、
とか考えるがなかなか進まず。

レーベル名は個人的にLibertie’sかRED LANTERNがよい、と思っていたので
この2つに絞り注力。年末休みに、家で焼酎呑みながら描いた。
一人で酔っぱらいながら絵を描いてみるといろいろ出てきます。
下書き
まんまRA○DYS。そして勢い余ってLivertyの「L」を「R」にしてしまっている。酔っぱらっていたとは言え上のは「r」をムダに炎っぽくしてて今あらためて見るとすごくダサい。。 「赤提灯」には、「のれん」が合うってことでこの着想。うん、これはいけそう。なんだか楽し気な感じもする。西新宿あたりに呑みにいきたい。 左のやつで出し切ったのでもうやる気がない。イラレで文字組んだだけ。ついで太陽の塔のイラストでもいれたろと思ったけど万博万博しすぎるのでやめた。
上の3つを新年会にもってった。
狙い通り、「赤提灯」がいいね、ということに。
よし、それではこちらで進めます。

関係ないけど、その新年会の後、武蔵新城のカラオケにいき盛り上がった。
↓その時の様子
https://twitter.com/#!/K8A/status/156061322570760192

その後「まだか」「はやくしろ」とTPしんごちゃんからの催促メールにせっつかれ。
ようやく初校らしきものが出来上がったのでメールでみんなに送る。↓



これでどーだ、よし、これで決まりだな。と思っていたのだが
ここからが長かった。

「提灯の中の『コマ』がいまいちなんだよな。なんか別のにしない?」

え?そこか。
まったく予想だにしないとこ指摘された。

この後幾つかパターンを作った。
仕事がおわってから作り直してはみんなにメールを送る数日間。

▼以下ボツパターンをご紹介。
ずらっと並べてみると赤提灯なだけに赤い。
パッと見、全部同じに見えるが提灯の中が少しずつ違う。
酒シリーズ:おちょこと熱燗 酒シリーズ:ビール
和モチーフシリーズ:千鳥 和モチーフシリーズ:三つ巴
漢字シリーズ:一酔千日 漢字シリーズ:一寸一杯
あーでもないこーでもないで最終的に右下の「一寸一杯」に決定しました。
(仕事の帰り道、焼きとん屋にぶら下がっていた提灯に書いてあったの
見つけて素直にこれでいいじゃんと思って作った。)
今更ながらどれがよいでしょう?
自分はビールのイラストが一番好きだ。

すったもんだの話し合いの最後の方に一瞬、
「結局ちょうちんにはなにも入れない方がいいんじゃない?」
って流れになった時が正直つらかった。(愚痴)

普段仕事でもモノを作る仕事をしてるけどボツ作はお客さん以外には見せないし、
絶対に日の目は見ないのだが、今回はまあーブログのネタも兼ねていいでしょ、
ということでご紹介しました。

てな感じで音も物も丹精込めて作ってますので興味ある方はぜひ買ってみてください。

▼7インチの完成品はこんな感じの予定!
(予約された方には5月上旬までにはお手元に届くと思います。)



<7インチ予約方法>
→特設ページで予約できます
WEB直販だとオマケ曲が入ったCD-Rが付きますよ。

<取扱店舗>
以下の店舗で取扱予定がございます。(どちらもネット販売あり)

スタジオ・ワン日本正規代理店 ダブストア・レコード・マート [予約受付中!]
Record CD Online Shop JET SET(予約準備中)

 

▼制作時に参考にした「昭和のレコード デザイン集」(BIG SHOTのgucciさん著)
をご紹介。レコードレーベルというかジャケットがいっぱい載ってます。
カテゴリ別に分かれていてレコードコレクターでなくても面白いです。オススメ。

昭和のレコード デザイン集 (P-Vine Books) [書籍]

昭和のレコード デザイン集 (P-Vine Books)

著者: 山口‘Gucci’佳宏, 鈴木啓之

出版社: スペースシャワーネットワーク

出版日: 2011-10-29

商品カテゴリー: 単行本

ページ数: 224

ISBN: 4906700012



どうでもいいけど昔のレコードのタイトルは『○○のムード』って言葉が多用され過ぎてることに気が付いた。

今年もありがとうございました

どうも、ギターのものです。
2011年もあとわずかですね。
今年は小林幸子が獅子舞に食べられていましたね。(紅白)

さて2011年は3月にあの大震災があり日本が大変なことになりました。
個人的にも父親になったり家族に悲しいことがあったりと山あり谷ありでしたが
バンドとしては何度目かの山梨と2度目の大阪への遠征をしたり、
またBIGSHOTをはじめ、いろんなイベントに誘ってもらい、
何本もライブをさせてもらいました。

実は今年Freedom Ensembleは結成10年目でした。
当ブログにもDrumのすーさんが少し報告してましたが
この節目に12月にはレコーディングもしました。
ミックスダウンも無事完了してます。
春頃までにはなんとか形にして世に出したいと思ってます。
ぜひ聴いていただければ幸いです。

今年はメンバーの交通事故もなく無事に終えられました。
自分でいうのもなんですが実のある年になったなーと思っています。

そしてイベントで観てくれたお客さん、呼んでくれた主催者さん/スタッフさん、
DJ/セレクターさん、仲良くしてくれるバンドの方々、友達のみんな、
大阪遠征とレコーディングにヘルプで参加してくれたJ.J sessionのモルくん、
Roulettesのノリキ、本当にありがとうございました。
11年目となる来年も変わらずマイペースに続けていきますので
宜しくお願いします!!

11月26日うぶ
写真:11/26うぶ vol.3
(ug君、拝借しました。)

【ライブ告知】「うぶ vol.3」2011年11月26日(Sat)

昨晩はBIGSHOTにきてくれたお客さん、関係者の方々、出演バンドの皆さんありがとうございました。

やはり年に一度のスカ祭、ほんとうに楽しかった!なかなかあんなに一度にたくさんのスカバンドを見れる機会ってないですよね。大阪でお世話になったSET ME FREEシンゾー君のいきなりの登場もあり、久々に大はしゃぎしてしまいました。

フリダムの演奏面では課題も多いですが、今後ともがんばっていきたいです。また出たい。

さて来週もイベントに出演しますので告知を。



「うぶ vol.3」
2011.11.26(Sat) @渋谷 乙

OPEN 23:30ADV1500yen(w1D)/DOOR 2000yen(w1D)
http://kinoto.jp/pc/contents/map/map_michi.html



[LIVE]
THE KINGSTOMPERS

THE ROULETTES

FREEDOM ENSEMBLE

[GUEST DJ]
SHIMA (JUKEBOX)

[DJ]
yama(Fire Bird/Soul steppin’)
高木 隆一(Jamaican Air Session)
須田 祐一(OCEAN LINER/彩音)
富岡 達仁 aka tommy(FRANTIC BROWN BEAT/音まみれデスコ)

こちらもスカ色の濃いイベントですね!楽しみです。

9/17(土)ANNIVERSARY PARTY!! “GO HIP!!! C.C.C × FOMGA SOUNDZ”

ご無沙汰しております。
ギターのものです。

今週末、渋谷のSECOにてFREEDOM出演させていただきます。
毎度、ブログでの告知が遅くなりすみません。
TOPページのスケジュールには以前から載せてましたが、、、って言い訳になりませんな。)

SECOさんには初めて出させてもらうのですがオシャレなところらしく今から楽しみです。
フライヤーもパキパキでいい感じです↓
お誘いあわせの上、是非遊びに来てくださいな。




2011/09/17(sat)
ANNIVERSARY PARTY!! “GO HIP!!! C.C.C × FOMGA SOUNDZ” @渋谷 SECO



【LIVE】
THE MINESOTA VOODOOMEN
(GO HIP!!! C.C.C invite)

FREEDOM ENSEMBLE
(FOMGA SOUNDZ invite)

【DJ】
-GO HIP!!! C.C.C Crew-
TSUNE (ROLL) / 清水護 (anglasad) / 知久豊 (NIGHT OF NOMAD) / Yone-Pa-Chino (EARLY ALLEY) / SAKAMOTO (galcia) / HOKARI (GR8) / 渋川清彦 / IKUMA (BEAT)

-FOMGA SOUNDZ Crew-
TONGA / Nakajiman / 毛 / Syo-ma / keisuke / デニーロ / GCN-1 / TKD

OPEN – 21:00
ENTRANCE – 2,000yen/1D

GENRE – ROCK/REGGAE/SKA/DUB /JAZZ/BLUES/LATIN/WORLD MUSIC

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
SECOのレギュラーパーティーとして、奇数月の第3木曜日をROCKにも盛り上げている”GO HIP!!! C.C.C”の5周年と、不定期に月曜日の夜をREGGAE/DUBで煙たく包み込む”FOMGA SOUNDZ”の4周年を記念して開催する
“ANNIVERSARY PARTY!! GO HIP!!! C.C.C × FOMGASOUNDZ”

長い間SECOを支えてくれた平日の看板パーティーの誕生日なので、是非ともお祝いに来て頂けたらと思います。
普段、週末しかSECOに来れない人でも、平日のSECOの”顔”を見にくて下さい。
ご来店お待ちしています。

【GO HIP!!! C.C.C】
東京渋谷SECO LOUNGEを拠点に奇数月の第3木曜日に開催し、今年で5年目を迎える。ファッションと音楽のクロスオーバーするDJイベント!
50′s〜現在進行形のROCK MUSICを主にJAZZ/BLUES/LATINからWORLD MUSICまでをレジデントする様々な業界から集まったDJが各々の完成でMIXし一夜を作り上げている。

【FOMGA SOUNDZ】
2000年に結成された、東京を中心に活動するサウンドクルー/アーティスト集団。出会った仲間を巻き込みながらの活動なので、常に増殖中。
“FOMGA SOUNDZ”として、駒沢公園や山奥での野外サウンドシステム等のパーティーを開催する傍ら、グラフィック/マルチメディア/ファッション/建築など様々な分野でも活動中。
三半規管を刺激する、音の圧力団体”FOMGA SOUNDZ”をお見逃しなく!
http://www.fongasoundz.com/







告知ばかりでなんなので最近聴いている音楽のお話でも。



最近は古いR&Bの曲を通勤電車でよく聴いてまして、
その中でも LEE DORSEY って人が変なテンションの曲が多くて好きでヘビロテです。
(一部からもっとスカを聴けといわれそうですが)



これ↓は割りとノリノリですが、(なんかアメリカ人のスカのカバーもあった


こういう感じのヘナヘナした曲もあっていいカンジです。



FREEDOMはボーカルパートがいないのでカバーできませんが
そのうちまたゲストボーカルとか入れてR&Bの歌ものカバーをやりたいなー。
(別にLEE DORSEYさんの曲じゃなくていいですけど)


おかげさまで

ギターのものです。
この度嫁をもらうことができました。

先日パーティーを開き、FREEDOMメンバーをはじめ、昔からお世話になっているjamaican air sessionのYさん、ルーレッツの二人に演奏を手伝ってもらい、スカタライツのカバーを演奏しました。
嫁もトランペットを練習して一緒に演奏しました。

あとこの日のためにオリジナルソングをしたためてきたはるきちゃん、きよたさんにも感謝感謝!

みんな、ホントにありがとう。

サイコーなひとときでした。

いろいろと迷惑をお掛けするかもしれませんが今後とも何卒よろしくお願いします。

R0012720
私の嫁は少しハマコーに似ています。

キャンディーキャンディー

photo
?

今日は下北沢での練習後、ドラムのすーさんとトランペットの「キャンディー」ことシソおじさんと呑みにいきました。

写真はモツ鍋を囲む二人です。ニンニクのきいた塩スープとビール、んまーい。冬は鍋ですね。

モツが煮えるまで待つ時間にサービスで出てきたホタテのマリネがヒットエンドラーン。

お刺身も美味しいお店でした。

舶来屋という名前のお店らしいです。

またこよっと。

三連Q

IMG_4596
こんばんは。フリーダムのギターです。

このブログを見てるとドラムとギターしかいないバンドなのかと思われる方もいるかもしれませんが、他のパートもいます。

そのうち何かカキコミしてくれるでしょう。

ところで昨晩TVで「ラピュタ」が放送されてたみたいですね。

ぼくは仕事中でみれませんでしたが皆さん観ましたか?

いいですよね。ラピュタ。

「バルス」ってみんな一回は言ったことありますよね。口にだして。見たかったなあ

厶スカでしたっけ?あの最後に城が崩れてパニックになってメガネ落っことしてた、あの悪役。
あれと「魔女の宅急便」で主人公だった魔女のお父さんって似てるなー。とおもった。

というわけで明日の夜はbig shot

フリーダムは出れませんが楽しみです。

飲み明かしましょう。

いえのねこ

DVC00142_2.jpg

フリーダムのギター担当です。

家にもねこがいるのです。

かわいらしい